皮膚科でコンプレックスだった気になるシミを治しましょう。

入浴

原因

シミというのは、皮膚の一部分が黒色もしくは茶色に変色してしまっている状態のことです。
一度出来てしまうことでなかなか元通りに戻すことは出来ませんので気をつける必要があります。
しかし、出来てしまったものは仕方がないので自ら対処をするか皮膚科で治療をする必要があります。
どのような方法で対処をするという場合でも、シミのメカニズムについて把握しておく必要があるでしょう。そうすることで、現状よりも状態を悪くしてしまうことがなくなるでしょう。

シミにはメラニンという物質が大きく関わっています。
メラニンというのは細胞内に存在していて、紫外線が照射されることによって細胞が変異を起こして変色してしまいます。メラニンはアミノ酸からできています。通常、メラニンというのは、代謝活動によって古い角質が排出されます。しかし、紫外線を浴びてしまうことによって過剰にメラニンが生成されてしまうのです。そうすると、代謝活性化が起こった場合でも全てのメラニンが排出されず、一部が残ってしまうのです。
ターンオーバーは毎日行われているのですが、加齢、生活習慣の乱れ、紫外線、ホルモンバランスの乱れなどの理由によって乱れてしまいます。
こうして、肌の悩みである「シミ」が生成されてしまうのです。

できるだけメラニンを生成させないようにするためには、紫外線対策が重要と言えます。シミが出来てしまったから手遅れとなってしまうのではなく、今後新しいシミを作らないためにも紫外線対策は常に行なっておく必要があるでしょう。