皮膚科でコンプレックスだった気になるシミを治しましょう。

アロマ

シミの種類

一口にシミと言っても様々な種類が存在します。それぞれの種類によって対処方法が異なりますので、治療や対策をする場合には種類についてしっかりと把握しておくことが大切です。
では、一般的にどういった種類のシミがあるのか紹介します。

・老人性色素斑
シミの中で最も多い種類です。原因は紫外線で、特に紫外線を浴びやすい頬骨の最も高い位置やこめかみなどにできやすいです。特に凹凸もなく、数ミリ程度の大きさとなっています。大きくても1センチ程度でしょう。

・雀卵斑
そばかすが一般的な名称でしょう。鼻周辺に小さな斑点が広がっています。遺伝が原因となっていることがほとんどなので、幼少期からそばかすが出てきます。大きさには個人差があり、紫外線の影響によってそばかすが増加、濃くなる場合があります。

・肝斑
顔の頬骨や額など左右対称に出来るシミです。特に30~40代の中年期に差し掛かる女性や妊娠中の女性に多く見られます。ただ、このシミは一時的なもので、閉経が終わると同時に消えるといわれています。つまり、肝斑は女性ホルモンが関係しているということです。

・脂漏性角化症
見た目は一般的なシミと変わりないのですが、シミ部分が少し盛り上がっている状態となっています。これは、シミが角質化してしまったことで隆起しているのです。顔だけではなく手の甲に現れることもあります。

・遅発性両側性太田母斑
主に額、目、頬周辺に現れるアザのようなものです。日本人に多く見られる症状で、子供の時に発症する場合もあれば大人になってから発症する場合もあります。

このように様々な種類のシミが存在しています。美白化粧品だけで効果が現れるシミもありますが、皮膚科で治療をしなければ改善されないものもあります。
どのような種類であっても、一度皮膚科に相談してみると、シミの悩みを解決に導いてくれるでしょう。