皮膚科でコンプレックスだった気になるシミを治しましょう。

カウンセリング

ケミカルピーリング

皮膚科の美容治療の中でもケミカルピーリングという治療は知名度が高いです。
ケミカルピーリングというのは、肌の表面に存在している古い角質を取り除くといった施術内容となっています。通常、肌のターンオーバー(皮膚の細胞が新しく生まれ変わる周期)は28日と言われていますが、生活習慣の乱れ、睡眠不足、偏った食生活、不十分なスキンケアによってターンオーバーが乱れてしまいます。すると、肌の表面に古い角質が残った状態となってしまいますので、様々な肌トラブルを招いてしまいます。
では、実際に古い角質が残っているとどういった肌トラブルになってしまうのか?ということなのですが、ニキビ、くすみ、シミ、小じわなどが出てきてしまいます。
ケミカルピーリングを行うことによって化学の力で古い角質を除去し、ターンオーバーを正常な周期に戻します。そうすると、美肌成分も肌の内部で生成されやすい状態となりますので、自然の力で美肌を目指すことが出来ます。

ケミカルピーリングには、様々なピーリング剤があります。それぞれ特徴が違いますので、違いについて知っておきましょう。
・サリチル酸ピーリング
角質の生成を抑制する役割があり、コラーゲンの生成を促進させます。他のピーリング剤に比べて皮膚に与える刺激が少ないので痛みを感じにくいです。
・グリコール酸ピーリング
日本人の肌に適していると言われるピーリング剤です。日本で最も使用されていると言われていて、刺激や副作用がほとんどありません。
・エンビロン乳酸ピーリング
天然の乳酸を利用したピーリング剤です。天然成分からできているということで、肌への刺激が少なく、ピーリング効果以外にも美白や保湿の効果があります。

ニキビ、ニキビ跡、シミ、くすみ、小じわ、毛穴などに効果がありますので、肌トラブルでお悩みの方にはおすすめです。